blog

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 宮古島キャンプで極上の自然を体感しよう!

宮古島キャンプで極上の自然を体感しよう!

近年のキャンプブームもあって、宮古島でキャンプをしたいという方も増えています。

宮古島の大自然を堪能しながらのキャンプは癒し効果抜群。

都会生活の疲れやストレスが、すっと引いていくのを感じられるでしょう。

今回は宮古島の有名キャンプスポットを中心にご紹介していきます。

特に宮古島でキャンプをする方からリクエストの多い宮古島の「海」と「夕日」、「星空」を堪能できる場所ばかり集めています。

是非とも宮古島でのキャンプの参考にしていただいて、宮古島の大自然の魅力にどっぷりと浸って欲しいです!

海、夕日、星空・・・宮古島でのキャンプなら全部味わえる!


参照元 http://okivel.com/miyako-camp/

宮古島でのキャンプの最大の魅力は「海」や「夕日」、「星空」を思う存分楽しむことができる点でしょう。

海沿いのキャンプ場もあり、宮古島の海や夕日を見る事もできます。

宮古島の夜空には、南十字星を見つけることもできるでしょう。

南十字星の下、キャンプを楽しむ経験なんてそうそうできるものではありません!

宮古島の「海」や「夕日」、「星空」を思う存分楽しむ事ができるのはキャンプならではの醍醐味です。

宮古島のおすすめキャンプ場

宮古島の中でも、「海」や「夕日」、「星空」に定評のあるキャンプ場を3か所ご紹介していきましょう。

「民宿キャンプ村」と「佐和田の浜」、「プルシャンブルー」について詳しく説明していきます。

民宿キャンプ村


参照元 http://tabinideyouze.blog106.fc2.com/blog-entry-17.html

コテージとキャンプ場がある「民宿キャンプ村」。

宮古島で家族と一緒にのんびりキャンプを楽しみたいという方にとても人気です。

特にコテージは全室独立タイプになっていて、隣のコテージの騒音も気になりにくいという配慮も。

全室クーラーやテレビ、トイレ、風呂、ドライヤー、ミニ冷蔵庫、ミニキッチンがついていますので、オールシーズン楽しむことができるでしょう。

全室ベッド完備で床もフローリングなので、気遣いも少なく楽しめますよ。

キャンプ場は2020年6月現在整備中で積極的な予約は受け付けていないとのこと。

ですが、広いキャンプ場内では野鳥や野生の蛍との出会いもあるため、散策するコテージ利用者の方も多いです。

「民宿キャンプ村」から日本の渚百選にもなっている佐和田の浜まで、徒歩5分という立地は最高の一言。

宮古島や伊良部島の魅力を堪能できるキャンプ場が「民宿キャンプ村」です。

佐和田の浜


参照元 https://taisa-photo.com/miyako1-8/

日本の渚百選にもなっている「佐和田の浜」でキャンプを楽しむことができます。

大小様々な岩礁が作る景観が非常に有名で、「佐和田の浜」から見られる夕日を目当てにキャンプをしに来る人も多いです。

遠浅の干潟なので、シュノーケリングを楽しむのは難しいですが、海で水遊び程度ならできるでしょう。

小さなお子さん連れでのキャンプも安心して楽しめますよ。

トイレやシャワーもちゃんと完備されているため、利用しやすいキャンプ場です。

海岸でキャンプを楽しめるという経験もなかなかできないので、「佐和田の浜」でのキャンプ体験はきっと一生の思い出になるはず。

自前のバーベキュー道具を持参して綺麗な砂浜に座って食べるお肉の味は格別です!

プルシャンブルー(グランピング)


参照元 https://kurashi-no.jp/I0034562

リッチなキャンプとして、近年日本国内でも人気が出てきているグランピング。

もちろん、宮古島でグランピングを楽しむこともできます。

「プルシャンブルー」は宮古島の中でもグランピングができる場所として近年人気上昇中です。

豪華絢爛なテント内は、キャンプに来ているということを忘れてしまうほど。

家族連れで楽しむ事もできますし、カップルで楽しむことができる点も人気の理由の一つです。

屋外にはバーベキュー設備やハンモックなどもあり、宮古島の自然を堪能しながらのんびりとした癒しの時間を過ごすことができるでしょう。

専用バスルームもあるので、気軽に利用しやすい施設です。

宮古島でのリッチなグランピングを楽しみたいという方は「プルシャンブルー」に泊まられることをおすすめしますよ。

キャンプに不慣れな方は宮古島のプロデュース会社に相談を

キャンプに不慣れな方は宮古島のプロデュース会社に依頼してみるのも手です。

キャンプの場所から道具や食材まで、配慮してくれる事間違いなしです。

会社によっては、空港までの送迎を行ってくれるところや、他のアクティビティの案内もしてくれるところもあります。

プロデュース会社に依頼してみるのも宮古島を最大限楽しむ上ではありなのではないでしょうか。

まとめ

宮古島の海
近年のキャンプブームの影響で、宮古島のキャンプ場も非常に人気が高くなってきています。

宮古島の「海」や「夕日」、「星空」を堪能するのにぴったりなキャンプ。

ですが、キャンプのための道具を持っていくとなると一苦労。

キャンプ道具一色レンタルできるところもありますが、自前のキャンプ道具でキャンプをしてみたいというキャンプ好きの方も多いでしょう。

レンタカーがあれば、自前のキャンプ道具も難なく運ぶことができますよ。

自前のキャンプ道具を使いながら宮古島でのキャンプというのも乙な体験です!

関連記事