blog

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 宮古島のパーキング・駐車場事情について

宮古島のパーキング・駐車場事情について

宮古島を観光する上で、どのような交通機関を使えば良いのかという質問をよくもらいます。

結論から言いますと、レンタカーを借りて回ることが一番自分たちの旅のプランで楽しめるでしょう。

レンタカーを借りて観光する際には、駐車場やガソリンスタンドといった施設がどこにあるのか分からず、不安になりますよね。

宮古島の道路事情も気になるところ。

宮古島ならではの事情もありますので、しっかりと交通情報を知って、運転していくことが大事です。

今回は宮古島の駐車場事情を中心に、宮古島の車に関わる現状をご説明していきます。

旅行客の半数がレンタカーを利用しています。


宮古島は車での移動が基本になります。

公共交通機関としては、バスやタクシーがありますが、旅行カバンやスーツケースを持って乗車するのは一苦労です。

細かな観光スポットに行く際もレンタカーですと時間を気にせず回ることができます。

レンタカーでの移動の方が宮古島を堪能することができるでしょう。。

旅行客の半数以上がレンタカーを利用していますよ。

車であれば宮古島一周がだいたい100kmですので、4時間ほどで回ることもできるでしょう。

宮古島に駐車場はあるの?コインパーキングは安い?

宮古島の繁華街を中心にコインパーキングが点在しています。

料金はまちまちですが、最初の30分100円〜300円というところも多く、最大料金も300円〜800円くらいが相場です。

各観光施設やホテル、キャンプ場などにも駐車場が完備されているところばかりですので、より車での移動がしやすいと言えるでしょう。

名前のないような隠れ観光スポットには駐車場がないということもありますので、事前に行きたい隠れた宮古島の観光地に駐車があるかないか調べておくことも大事です。

自分が周りたい観光地の駐車場事情がどうなっているのか気になる方は、レンタカーショップで聞いてみるのもよいのではないでしょうか。

駐車禁止、停車禁止エリアに注意


参照元 https://bluegreen.jp/3056/
宮古島にも駐車禁止エリアや停車禁止エリアがあります。

特に連絡橋の上が駐車禁止や停車禁止ですので、海が綺麗だからちょっと車から降りて、写真を撮ろう!というようなこともできないです。

「伊良部大橋」や「来間大橋」、「池間大橋」を巡る際にはお気をつけください。

標識や案内には注意して、駐車禁止や停車禁止を守りましょう。

細かい駐車禁止エリアや停車禁止エリアについては、レンタカーショップで車を借りる際に質問して情報を得るのも良いでしょう。

ガソリンの給油は計画的に

宮古島内のガソリンスタンド事情についてご説明していきます。

市街地ですとガソリンスタンドを見つけるのは苦ではありません。

ですが、郊外に出ていくとなかなかガソリンスタンドがないということも多いです。

市街地で給油をしてから宮古島の観光地に行かれることをおすすめします。

行きたかった宮古島の観光地を目前にして、ガス欠という事態は避けたいですよね。

特に伊良部島や池間島、下地島に行く際には給油を忘れずにしておきましょう。

宮古島旅行も安全運転でお願いします!


宮古島には国内外から近年観光客が多く来ています。

ここ10年で3倍以上の観光客数になっているというデータまで出てきているのが現状です。

観光客同士の接触事故も多くなっており、宮古島の社会問題の一つになっています。

外国人旅行客も多く、慣れない右ハンドルの車で事故を起こしてしまうということも問題でしょう。

宮古島の景色に見惚れてわき見運転やよそ見運転をしないよう、最新の注意を払って安全運転してください。

一方通行や道幅の狭いところもあります。

さらにサトウキビの収穫シーズンには道路にはみ出したサトウキビで視野が悪くなっているところもありますので、気をつけてください。

駐車場が整備されていない浜辺では路上駐車も多く、道幅が狭くなり、レンタカーどうしの接触事故も増えています。

また、宮古島では、酔い潰れて路上で寝てしまう人も多く、路上寝と呼ばれ、昔から問題視されてきました。

近年観光客も多くなり、交通量も増え、この路上寝が原因で死亡事故も発生しています。

こちらが最大限気をつけていても、路上寝といった思わぬ事態もあるでしょう。

法定速度をしっかりと守り、一時停止や徐行運転が必要な場所や夜間の運転では特に気をつけたほうが良いです。

旅行先の慣れていない道路での運転になりますので、左右の確認など最大限の注意を払って運転していくことが特に重要なのではないでしょうか。

まとめ

沖縄の交通事情について、駐車場事情を踏まえてご紹介していきました。

公共交通機関よりもレンタカーを借りて観光するほうが、時間も有効に使うことができますし、宮古島内の行きたい場所を好きな順番で回ることもできます。

コインパーキングも良心的な値段ですので、気軽に利用しやすいでしょう。

各観光地に向かうときにはしっかりと給油しておくことをおすすめします。

近年、宮古島では観光客の交通事故も多くなってきていますので、安全運転を心がけて、宮古島の旅を楽しみましょう。

関連記事